車の維持費を削減しようとメンテナンス費用を削っていませんか?

スマートビークルが手軽に安く乗れる理由

車を安心して乗っていくには、定期的な点検や車検は欠かせませんよね。

その車検などで整備士にいろいろ点検してもらうとアレコレ指摘をされて交換個所が多かったり、作業料金が高くなったりもするので、ついつい作業内容を削ってしまう事ってありますよね。

もちろん整備士に勧められたからといって全ての作業内容を今すぐ実施しないといけない訳ではないので、整備士と相談して後日に伸ばせる部分は後日に作業を行うようにしたりもできます。

整備内容を自分の判断で交換時期を変える事は全く問題ないと思います。

しかし、車検後や点検後も特に問題なく走行できているからといって指摘個所をそのまま放置する人もいます。

「交換した方が良って言われたけど、なんともないから大丈夫じゃないか」

「故障したら持ち込めばいいや」

などという感じに、いつの間にか作業をやらない方向へと気持ちが変わってくる事もあります。

車維持費を削減するために、故障してから持ち込めばいいという考えも、あるかもしれませんが、どのタイミングで故障をするかは誰にも分からないので危険になる場合があります。

ではどんな部分を削らない方が良いのか?どんな部分を指摘されると危険なのか?

これらを解説していきます。

車を安全に乗っていくには消耗品の交換は必要になってくる

車は必ず交換が必要になってくる部分は決まっています。

その中でも消耗品という、交換頻度が高いものが15箇所あります。

  1. エンジンオイル
  2. オイルエレメント
  3. ブレーキオイル
  4. パワステオイル
  5. オートマオイル
  6. ロングライフクーラント
  7. バッテリー
  8. タイヤ
  9. ディスクパッド
  10. ファンベルト類
  11. エアーエレメント
  12. エアコンフィルター
  13. スパークプラグ
  14. ワイパーラバー
  15. ウォッシャー液

この15箇所は、どのクルマも同じではなく最近のクルマでは交換が必要ない部分も出てきています。

特にハイブリッド車などは、ファンベルトも使用していなかったりディスクパッドも、ほとんど減らないので交換が必要ない車も出てきています。

なので、全ての車が同じ消耗品ではありません。

自分の車がどの消耗品を使用しているのかは、取り扱い説明書を確認すれば、使用している部品が記載されています。

なのでこういった消耗品を進められて場合は、いずれ交換しないといけない部分なので、きちんと交換していく方が車のトラブルも防ぐ事ができます。

交換を後回しにする場合には

「後何㎞まで大丈夫でしょうか?」

「後何ヶ月後まで大丈夫でしょうか?」

などの目安を整備士に聞いて、交換する時期を決めて実施していく方がベストです。

最低限の交換に抑えるには複数社の比較が必要になる

しかし整備工場によっては利益目的で消耗品などの交換を勧めてくる場合も多くあります。

こういった事を防いで最低限の交換に抑えるには車の知識が無いと厳しい部分もあるので一番簡単に出来るのが、複数社との比較が手っ取り早いです。

1社だけでは、利益目的で勧めている場合も考えられるので、2社、3社と複数の見積もりを出してもらい、全ての整備工場で指摘を受けた部分は交換が必ず必要と判断した方が良いでしょう。

もしも、それぞれで進めている部品が違う部分がある場合は、あまり重要ではない可能性が高いです。

例えば

「A社では、バッテリーを勧めてきたが、B社では特に指摘無し」

というように整備工場で指摘個所が違ってくる部品は緊急性が高くない部品なので後回しにしても良い部品と判断できます。

本当に交換が必要な部品は同じ「クルマ」で「プロの整備士」が点検して指摘個所が変わる事はありません。

ダメなものはダメです。

比較をするときにも必ず、他社の見積もりは伏せておいて見せないようにして見積もりを出してもらいましょう。

これをしないと他社の見積もりに被せた内容を作成されてしまうので、意味の無い比較になってしまうので、比較をする時には必ず他社の見積もりは見せない事が絶対条件です。

複数社の比較をする事によって、削らない方がいい部品を見つけ出す事が出来るので、有効な方法です。

さらに指摘をされている部品の中で、「曲る」「走る」「止まる」これらの3つにかかわる部品は特に重要な部分だと思って判断した方がいいでしょう。

これらの装置は車が正常に走行するのに欠かせい部分になってくるので、どれかが故障をするとまともに走行できなくなり危険な目にあってしまいます。

バッテリーなどトラブルはエンジンがかからなくなったりするので確かに不便な思いをしたり、できれば遭遇してくないトラブルですが、車がそもそも動かないので危険な目に合う可能性は低いです。

しかし3つのうちのどれかが故障をすると危険度は増します。

「曲る」はカーブなどを曲がり切れなくて追突

「走る」は走行中に加速できなくなり後方車両から追突

「止まる」はブレーキを踏んでも止まれないので大事故になる確率大!

というように3つの部分は特に注意しないといけない部分なので、指摘をされたら後回しにしないで複数社との比較をしたり詳しく整備士と相談して内容を煮詰めた方が良いでしょう。

メンテナンスを全てプロ整備士に任せる事ができるサービスを利用するのも1つの安全対策

車が安全に走行するには消耗部品以外にも沢山の部品を定期的に点検をして、劣化していれば交換をしていかなければいけません。

どの部品が交換が必要になってくるのかは、車の「車種」「使用環境」「使用年数」「使用頻度」などなどで変わってくるので、その都度の点検で判断するしかありません。

複数社の比較をして無駄な整備部分を省く事も出来ますが、そのための労力と時間は必要になってきます。

特に車のメンテナンス?

エンジンオイル交換?

なんていう方にとってみたら、分からない事だらけなので比較をしても、なかなか判断が難しいかもしれません。

そんな方には整備部分を全てプロにお任せできて新車が通常よりも安く乗れるサービスがあります。

コスモのスマートビークルというカーリースで、新車を「税金」「車検」「自賠責保険」「定期点検」「消耗品部分」「メンテナンス」などが毎月の料金にコミコミになっているので、その都度の点検でアレコレ悩む必要がありません。

消耗費などの部品交換が出た場合でも費用が発生する事がないので、常にベストコンディションにプロの整備士が整えてくれます。

そんなにいろいろ付いていたら毎月の料金が高いのではないか?

そう思ってしまいますよね。

しかし、通常に新車をローンで購入するよりも安く出来るんですよ♪

定期的にプロの整備士の点検が付いているので、気にする事なくどこでも安心して出かける事が出来るのが良いですよね。

こういったスマートビークルを利用するのも1つの安全対策だと思います。

今なら期間限定キャンペーンを実施していますので、よりお得になってますよ。

そんな良い話あるはずない!!って方は↓の記事で詳しく紹介してますのでチェックしてください。

スマートビークルなら新車を今までより安心で安全に安く乗る事ができるの知っていますか?
スマートビークルなら新車を安心で安全に常にベストコンディションでお出かけが出来る!さらに通常の新車購入よりも安い!?今までのような面倒なメンテナンス部分や車検などに振り回される事なく毎月一定価格なので「車検時期」「税金時期」での慌てる事なく乗り続けていく事ができますよ。